無線機の事を深く知って楽しい無線機ライフを送りましょう。レッツエンジョイ!
エンジョイ!無線機ライフ

無線機のタイプ

無線機と聞くと、やはり頭にイメージとして思い出されるのは携帯電話やトランシーバーみたいな手に持てる様なタイプの無線機を思い描く人が多いのではないのでしょうか?確かにその様な小型の無線機のものが多く見かけることがありますので、その様に感じてしまうのも分かります。小型の物は、工事現場の人などもよく仕事の中でも使用されていることが多いので、常日頃から無線機に触れている人も多いかと思います。しかし、無線機の形は何もトランシーバーみたいなものだけではないのです。

このページでは、簡単に使用できる小型の無線機のタイプから無線機の上級者が利用するような大型の無線機のタイプまで色々とご紹介していきたいと思います。無線機のタイプを知って、徐々に無線機のランクを上げていき、上級者が使うような無線機を使いこなしてみてください。

 

色々な無線機

ハンディタイプ

これはもうよく見かけるタイプの無線機といえるでしょう。いわゆるトランシーバーが、このハンディタイプの代表格です。無線機を利用する場合には、アマチュア無線機という免許が必要になってくるのですが、このハンディタイプの無線機の中には免許を必要としない無線機も存在していますので、初心者の方でも気軽に使うことが出来ます。それに、仕事で使う場合にも免許を必要としない小型の無線機を、使わす事が出来ますので、仕事の現場においても有効に活用されています。

サバイバルゲームなどを気軽にされたい方にもオススメの無線機といえるでしょう。サバイバルゲームでなく、山で離れて交信をするだけでも気分が盛り上がりますよ!

ポータブルタイプ

このタイプは免許がなくては操作することは出来ませんが、外に持ち出せて広範囲に交信することが出来るので、無線機愛好家の中でも、使っている人が多いのではないでしょうか。天気が良い日などに、外に持ち出して楽しむのに適しているでしょう。

車両設置タイプ

この車両設置タイプの無線機も気付かないだけで皆さんは結構目にしているはずです。よく見かけるのは、タクシーなどに搭載されているタイプのものでしょう。タクシーでよく運転手さんが「お客様を乗せました」などのやり取りをしているのを見かけているはずです。ただそれが無線機としてあまり知られていないのですが、線に繋がっていないので、立派な無線機となります。

車両搭載タイプの無線機は、ハンディタイプよりも広範囲に交信することが出来ますので、タクシーなど街中を常に巡回している車両と交信を行うのに適しているといえます

固定器

個人で使うにはかなり大型で、価格も高い無線機です。電力のワット数も高く、操作性や安定性は飛びぬけていますので、主に企業で使われるのが多いタイプです。。個人で使う場合には、高度な免許も取得しなければならず、個人で使用するのには敷居が高い機種ともいえます。しかし、無線機愛好家の方にとっては理想の無線機であり、いつかは個人で所有したいと思える憧れの機種でもあります。

check

最終更新日:2016/4/26

▲ページ先頭